お客様の声

ほんまに抜群に良くて、家帰るのが楽しみなんですよ

京都市 A様邸

Q, お家探しを始められたきっかけは何ですか?
旦那様:お家探しのきっかけってなんやろ?ネコが2匹いたりで、ちょっと手狭やなと思ったりとか、子どもを考えたりしてた時に、
奥様:いつか家が欲しいなっていうのが結構考えるようになった大きなきっかけなんですけど。
旦那様:で、いろんなHPとか見てたら、なんか俺らでも買えるんじゃね?って動き出したって感じです。



Q, ホームライフにお越しいただいたきっかけは何ですか?
旦那様:家を探し始めた時に、いろんな媒体で間取り図を見てたんですね。新築の。その時に、3LDKの家がめちゃめちゃ多くて、(奥様と)2人で2LDKがいいなってっていう話をよくしてたんです。でも3LDKしかほんまに見つからなくて。言い方悪いですけど、つまらない間取りというか、みんな同じような家の間取りがめくれどめくれど出てくる中、これめっちゃ良いやん!っていう家があって、間取り図があって、4LDKでランドリールームがあって、パントリーがあって、ウォークインクローゼットあって、すごい完璧な間取りの家を発見したって(奥様が)教えてくれて、それ見てたら、ほんまや!めっちゃ良いやん!って。これどこが作ったんやろって調べたらアーキホームライフさんの建てた建物ってわかって、こんなすごい良い間取り考えてくれる会社なんやったら一回話聞きに行ってみよって行かしていただきました。



Q, 会社やサービスの印象はいかがでしたか?
旦那様:印象は一言で言ったら良い。
奥様:うん。最初はそれこそ、こういう間取りがいいとか、部屋の数はこんなんがいいとか、そういうざっくりした感じで言ってたんですけど、長く持つ家っていうのを最初に説明してもらったり、そういう風に家って探したり作っていくもんなんやなっていうのをいろいろ教えてもらえた。で、結構こっちも考え方とかも変わってっていう感じですね。
旦那様:一番最初にバシッと言ってくれたのが良かったですね。設備とか見た目とか内装の華美、素晴らしさじゃなくて、やっぱり一番大事なのは基礎の部分であったりとか、どれだけ長持ちするか、どれだけ安心して暮らせる家かっていうのを考えた方がいいですよっていうのを最初に言ってくれはったんで、僕らも考え方変えれたというか…。



Q, 土地探しはいかがでしたか?
旦那様:土地探しはスムーズなんかな?
奥様:結構見てきたかもしれない。でも、ここはいいタイミングで見つけられた。
旦那様:やっぱりどっか足りひんところが多かったですね。ちょっと狭かったり、値段が高かったり、ちょっと遠すぎたりっていうので、いろいろ悩んだ。スムーズではなかったよな?でも最終的にはバシッといいところが見つけられて、まぁタイミングも合ったし、恵まれてたなと思います。なかなか土地見んの一番苦労したな?
奥様:うん。土地にそんな時間かかると思わんかった。



Q, ホームライフに決められた理由・きっかけは何ですか?
奥様:やっぱりさっき言ったことになるんですけど、長く住む家についてのことを丁寧に説明してもらって、信頼できるなって思ったのは結構大きかったです。
旦那様:何回か行ってるうちに、ほんとに自然と僕も妻も「あ、ここで決めるんやろな」っていうふうな思いにはなっていってたんですね。他のところも回ってたんですけど、あんまり具体的には話進んでいってないところばっかりやったんで、アーキさんになるんやろなっていう予感はだいぶ最初の段階でありました。だからこれといったきっかけと言われたら逆に難しいですけど。やっぱり親身になってくれてたってところなんですかね。ほんと自然と決まりました。



Q, お家づくりで楽しかったことは何ですか?
旦那様:間取りやな。間取りを考えるときが一番楽しかったです。
奥様:洗濯押して、ランドリールームで干して、そのあとクローゼットで仕舞えるっていう、一直線でつなぎたいっていうのがあって、そういう要望だけ最初出して、間取り考えてもらって見た時に、まさしくこれ!っていうのがすごいあって、すごい興奮しましたね。




Q, お家づくりでこだわられた部分は何ですか?
旦那様:こだわりはもう……
お二人:キャットウォーク!!
奥様:ネコも楽しめる家みたいなのが一応コンセプトにしてたので、キャットウォークとかキャットドアとか、ネコにとっても暮らしやすくて、楽しめるように作りました。
旦那様:設計士さんの力量がすごいんですけど、やっぱこだわりって言ったら自分らで考えたみたいな、ほんまに漠然とこうしたいっていうのが、まぁこだわりって言ったらこだわりなんですけど、動線をしっかりしたいとか、収納は多くあったほうがいいなっていう、漠然としたこだわりをこんな感じどうですか?って出されて、完璧です!っていうのがあって。パントリールームもそうやし、2階の子ども部屋がドアがバンっと開いたらフリースペースっぽくなるんです。そういうのはもう僕らが提案したこだわりではないんですけど、こんなんやったら素敵やなっていうのを、バシッと具体的にしてくれた設計士さんの力量です。

(提案を気に入ってくださった?)
旦那様:そうです!





Q, 上棟の日の思い出は何ですか?
旦那様:上棟には来てないんですよ。写真だけ現場の方が送ってくれてはって。思い出というか、ちょっと遅れてたんですね。コンクリートが固まらへんかったりとか、雨がバーッて続いてて、ちょっと予定より2週間、1か月ってどんどん後ろに回っていってて、ちょっと不安というか、ほんまに建つんかなぁみたいな。まぁ建つんやろうけど、なんかこう、形になるまでがすごい不安があったんですけど、本日させてもらいますっていうLINEが来て、今こんな感じですっていうのが逐一来たのを見て、やっと実感がわいたというか、家が出来るんだみたいな実感がわいたっていうのは言ってますね。不安が解消されたっていうのが大きかったです。



Q, でき上がっていく過程・様子はいかがでしたか?
旦那様:ちょくちょく見に来てました(笑)やっぱり気になってたんで。結構見に来てたな?なんかそれが楽しかったんですよ。ドアついとるわ~とか。
奥様:前来た時よりここができてる、ここができてるっていう。
旦那様:そういう楽しみはすごくありました。毎週、毎週ではないですけど、週末の楽しみになって。まぁ近所の人らからしたら、怪しい車が最近よう見るぞみたいな状態やったかもしれないんですけど、家が建っていく過程はほんまにわくわくしかなかったです。



Q, 実際お住まいになられた感想・住み心地はいかがですか?
旦那様:(お家に訪問して)一番最初に聞かれたと思うんですけど、ほんまに抜群に良くて、家帰るのが楽しみなんですよ。世の中のサラリーマンって結構こう家帰るのつらいみたいなのあるじゃないですか?家帰るの嫌やし、残業してるフリするとか、あんなんほんま信じられないんですよね。子どももいるし、すごい良い家が建ってるし、帰りたくてしゃーないみたいな、っていう感じです。
奥様:それこそ、動線もよかったり、収納も多かったり、家事とかもしやすいですし、全然今までよりずっと暮らしやすくて、ほんとに買ってよかったです。

(前お住まいだったお家では何か困られてたんですか?)
奥様:収納とか全然少なかって全部外に出てたというか。
旦那様:あとあれじゃない?賃貸じゃないから、自分らのやし、ほんまに自分らのやりたいことができる。インテリアとか。ちょっとこう、北欧風を目指したりとか。そういう欲求が今まではなかったやんな?
奥様:考えてなかったけど、自分たちのやりたいようにできるからなんかそういう興味を持ち出したというか。
旦那様:こだわれるようになった。




Q.その他、お気づきになったこと等
旦那様:えっと、僕まず、断熱がすごいいと思ったんですよ。ちょっと話せば長くなるんですけど、引っ越し初日のエピソードがあって。引っ越した時が2月の一番寒い時期だったんですよ。引っ越しの業者いるからもうドアとか窓とか全部開けっ放しで作業してもらって冷たい空気がどんどんどんどん入っていくじゃないですか。部屋めっちゃ寒なって。引っ越し終わりました、ありがとうございましたって言った後も全然こう、寒いんですよ、ずっと床暖つけても。もうその上から動けへんわって。一応なんか温風出す機械があるんですけど、あ、違うオイルヒーターか。オイルヒーターがあるんですけど全然あったまらないんですよ。で、なんなんこの家と思って。もう、こんな家で過ごしていけるんかと思ったんですよ。で、次の日仕事行って帰るときもほんまにちょっと緊張してたんですよ。「今からあの寒い家に戻るんや」って。で、帰ってきたらめっちゃあったかくなってて。「あったかくない?」って言ったら「そうやねん、オイルヒーター効いてきてん」て言って。要は冷えすぎて、断熱が良すぎるから冷たい家の空気ってなかなか逃げなかったんですよ。一回あったまりだしたらもうそっから全然逆にあったかい空気を逃がさへんからめちゃめちゃあったかいってなって。「今の断熱ってこんなにすごいん?」ってもうほんまに肌で実感したんですよ。僕は実家もあの、一軒家やったんですけどもう全然違うと思って。窓辺おってもそんな全然寒ないし。なんかその断熱の具合がもうほんまに性能としてはすごいいいなって思ったのが一番の具体的なエピソードなんですね。でここからはおもしろなかったらカットっていう話がチラホラでてくると思うんですけど、どんなんやったっけ。
奥様:なんやろう。
旦那様:なんか2階の、細かいところ言ったら2階の廊下も人感センサーにしたらよかったとか、そこの電気でスイッチで消えるのがこっち(リビングの片側)だけんなんですよ。こっちと繋げてなくて、繋げといたらよかったとか。
奥様:ほんまにそんな細かいところやね。
旦那様:あとなんかあったっけ。なんかなかったっけ。あ、キャットウォークや。キャットウォークをもっと幅ちっちゃくして、たくさん。
奥様:もうちょっと散りばめてもよかったかなとか。
旦那様:あと、窓もうちょっと低くしたらよかったとか。窓が後ろ線路になってて。
奥様:電車なんであんまり低かったら見えるんかなっていうふうに思ったんですけど結構下を走ってるんですよ電車が。なのでもうちょっと低くした方が景色も見えるし、開けやすいし。
旦那様:それはまあ、こちらが「上げてください」って言ったんです。
奥様:全然こっちが指定したんです。
旦那様:提案とかもないない。僕らがこうしてくださいって言って、まあそれ結構ミスったなっていう。あとなんかあったっけ。それぐらいかなあ、はい。あ、あとニッチもつけたらよかったっていう。ニッチが、これインスタにも載せたんですけど、ニッチって僕らそもそも知らなかったんですよ、家探しに行くまで。であの、家、アーキさんやったよな多分。あの、行った時にニッチっていうのがあって例えばこう、「好きな本を文庫本サイズにしたものを収納できるとかあるんですよ」っていうので、「へえ、ニッチってあんねや」ってなって、僕めっちゃニッチ欲しくなったんですよ、それ言われて。で、「ニッチ作ろうニッチ作ろう」って玄関にニッチ1個作って。あそこももう1ニッチあるんですけど、できてみてなんか色んなもの置いてみたらめっちゃおしゃれやんってなって、もっと作っておいたらよかったって思ったのがプチ、プチ?後悔っていうか、後悔っていうかほんまになんか「ああ、ちょっとこうしといたらよかったな」ってくらいの。なんかそれほどの後悔ポイントとかは今のところはないかな。



(快適に過ごしていただけてるんですね。ありがとうございます。)



Q.お友達や知人にご紹介していただけるような会社でしたでしょうか
旦那様:はい。僕は職場の人に言ってるんですよ。ただなんかちょっと一旦家探すの中止してる状態なのであんまりちょっと具体的にはあれなんですけど。あの、是非行きたいとは言ってくれてるんで、はい。
奥様:身近にいたら紹介するよね。
旦那様:そうですね、はい。



Q.最後に一言
旦那様:なんやろう。アーキさんに対しては、こんなにステキな家を作って頂きありがとうございますというところで。これから家を作る人、ちょっとそんな偉そうに言えへんなあ。あでも、なんかほんまにあの、こんなんしたいとか漠然とこういうなんがあったら便利やと思うんですけどみたいな話をちゃんと聞いてくれる会社やと思ってるんで、アーキさんは。やっぱほんまに理想がちょっとでもあるんやったらもうどんどん伝えていったらきっと叶えてくれると僕は思ってます。

(奥様は何かありますでしょうか)

奥様:以下同文で。
旦那様:でもそんな感じやな。でも家って言ったらあの、家にいる時間ってどうしても奥さんの方が長くなると思うんですけど、なんか動線とかって男はちょっとあの、ピンとこないところがあると思うんです。だからこだわりとしてはやっぱ奥さんの方がこうしたいっていうのがあって。
奥様:家事とかそういうのでちょっとでもこう、不便やなとかこうやったらいいなとか日頃思っているのを相談したりとか。
旦那様:そういうのがうまく言葉にできんくても感覚的に伝えていくだけでもきっといい家にはなるんだなとは思いました。


------------------------------------------------------------------------------------
アーキホームライフのyoutubeでは、
こちらのおうちのお客様インタビューを
公開しています!
ぜひご覧ください♪