お客様の声

これからもこのお家で素敵な思い出をたくさん作っていきたいなって思ってます

吹田市 K様邸

Q.お家探しを始めたきっかけは何ですか?
旦那様:きっかけは、ずっとマンションに住んでたんですけど、一生に一度ね、その家を買うってなった時には僕の中では戸建てっていうのが夢だったのでそれを妻と一緒に話をしてて、家を持ちたいなって
思ったのがきっかけです。
奥様:私ももともと戸建てで育ってきたんですけど、やっぱり家族が増えるにつれてマンションだと収納とか部屋数が足りないってなって、戸建ても自分の中で視野に入れて、いろいろ自分たちでデザインとか配置とかしたいなって夢があったので、家探し始めました。

Q.ホームライフにお越しいただいたきっかけは何ですか?
奥様:SNSでいろいろ家を探しててすごい目に留まったのがアーキホームライフさんで。自分のこう描いている理想の家の雰囲気がすごいぴったりで主人に「こんなところあるよ」って言ったら「じゃあ行ってみようか」って言ったのがきっかけで千里住宅場に行きました。
旦那様:そもそも一番最初、絶対立地的に、子供のことも考えて校区はここの校区以外の選択肢がもうなくて、ひたすら今住んでる土地をずっと探してて、たまたまあいたタイミングで、土地は押さえてもらって。そのあとじゃあ上建てないといけないよねって話でどうしようかっていうので、一番最初は、本当は別の会社に行きました。
奥様:うん、別の会社に。見に行ったりは行かせてもらったんですけど、ちょっと自由性があまりないなって感じて、ちょっと他も見てみようかと主人と話しました。結構SNSで調べたらいろいろ出てきたんですけど、そのなかでも私たちが描いているお家の雰囲気がすごいアーキホームライフさんのデザインやったり外観とかもうすべてがいいなと思って、一回見に行こうかって言ってそこがきっかけかな。
旦那様:そうですね。実際千里の展示場でも何店かは見させてもらってたんですけど、何社か見積もりを取る中で、初めて松本さんと出会ったというかたちですね。本当にどうしようかという状態ではありましたね。でも最初からずっとこんな感じだったんで。
奥様:なんかもう、松本さんの人柄も二人でこの人すごい私たちと相性が合うなって、それも決め手のきっかけっていうのもありました。やっぱりその営業さんとの相性もあると思うので。それがすべて一致したのはアーキホームライフさんかなって今も思ってます。



Q.会社やサービスはいかがでしたか?
奥様:めっちゃいい!本当にもういろんな人に薦めたいです!いろいろお友達とかお家建てた人から経験の話聞いたら、あーやっぱりそういうこともあるんやって思ったりもしてたけど、全くなかったよね。
旦那様:うん、ない。ちょっとくらい欠陥あるから絶対チェックしたほうがいいよ、みたいな事をよく言われて、結構僕らも細かいんですけど、いろいろ見ても全然気になる所もなかったですね。逆に現場監督やった大澤さんが「扉を開けるときに家具がぶつかってこのクロスが破れるから、これ付けときますね」って言うてくれて、本来なら自分たちで気づいて改善してもらうのかもしれないけど、それを逆に大澤さんのほうから現場で言うてくれて非常に助かりました。
奥様:大工さんもすごい良い方でしたね。
旦那様:そう。あの棟梁も見た目めっちゃいかつくて、怒らせたら怖そうな感じやけどめっちゃ優しくて。やっぱ一番思うのがレイアウト上で最初いろいろ計画しても実際現場になると僕の身長が階段降りる時にこのままやったら当たりそうだから、もうちょっと上にしたほうがいいんじゃないか等、現場でしか分からないことも向こうが提案してくれて、めっちゃ良かったです。
奥様:丁寧やしなあ。
旦那様:めちゃくちゃ丁寧。
松本:僕も千里の時に着工式でね、驚かしたりとかして。
旦那様:そうそう。ほんま、サプライズ。
松本:あの時の写真とか喜んで撮っていただいて。あれは御幣っていうのがね、ここではまだあるからね。
旦那様:うんうん、そうそう。
松本:家づくりに参加したっていう。
旦那様:本当に。色々本当に初めてやからいろんなことにサプライズ続きやし。
奥様:すごい皆さんがあったかい。
旦那様:あったかいですね。
奥様:本当に、私たちの家やけど本当に皆さんでこのお家をいいお家にしようっていう熱意がすごい伝わってきて、じゃあここはこうしましょうか!っていう提案とかすごいしてくださって。
旦那様:そう。もう喋りだしたら止まらへん。
松本:ありがとうございます。

Q.土地探しは大変でしたか?
旦那様:大変でした。
松本:どれくらい前から?
旦那様:前住んでたマンションがあったんですけど、そこを売ったのがちょうど2021年1月でした。
そこから自分たちはあてもなく、この地区がいいのでとりあえず賃貸でいいからまず仮住まいの場所を探すところからスタートしました。
正直な話、その前ちょいちょい見てましたね。
奥様:うん、見てたのは見てて、実際結構建売ばかり見てたんですよ。
旦那様:そうそう。
奥様:値段的にも。
旦那様:注文っていうのが頭からまずなかった。
奥様:建売ばっかり見てて、まあ見にいったりもしたけど、うーんていう。
旦那様:2020年の1月くらいから前の家を売る事を考え始めて、まず買ってくれる会社を探す事から始めたけど、その段階から新しく住む家は探してたもんな。
松本:新しく住む家が決まっていないのに、先にマンションを売られたのは?
旦那様:住んでいたマンションが、買った時の価格よりもちょうど価値が上がったんですよね。この先のこともある程度予測したときに、正解はないけど自分たちが今このタイミングで売ったほうがいいんじゃないかって思って売りましたね。築10年になる前に売ろうって言って。だから前のマンションも住み慣れてたし、嫌じゃなかったんですよ。なんやったら同じ地区やったしな。手放したくはなかったんだけど、僕もずっとマンションに住むんじゃなくて、どこか戸建てに住みたいっていう思いもありましたね。
奥様:子供も大きくなってきて部屋も必要になってくる、物も増えてくるってなったらマンションちょっと厳しくなってきたなって。
旦那様:きついよなって。
奥様:やっぱり戸建てがいいよねってなり、そこから戸建ても視野に入れて探し始めました。
旦那様:でも注文は絶対無理やなって思ってたんで、もうほんまに建売をずっと探しとってんな。
奥様:建売も見てたんですけど、しっくりこなくて…。なんか自分たちの中で建売じゃないなって思いました。
旦那様:めっちゃ細かいんですよ。建売のモデルハウスを見に行った時に近くに綺麗な所があったんで、「いいやん!ここにしようや」って僕は思ったんですけど、最後終わってからでもあそこの壁剥がれてたでとか言うんです。
旦那様:他にも床が気になるとか言うてたから細かいな~、よう見てんなあ思て。結局は二人の意見が一致することはなかったですね。家づくりの中で、やっぱこだわりが意外と強いんやなっていうの僕も分かったんで、それやったら土地から注文ていうのも一つの視野として考え始めましたね。
松本:だって私と会ってからになったら結構ポンポンポンっていう感じでしたもんね。
奥様:うん、そうですよね。
旦那様:ほんまにそう。
奥様:多分、契約の前もまだ土地がはっきりは決まってないっていう状況で。どうしようかなって悩んでた。
松本:他社さんの見積もりもあって。
奥様:そう。もう松本さんと出会ってお話しして、トントントントンと。
松本:そうそう。僕のほうもびっくりしたくらい。でも今話聞いてても僕のほうが、っていうかこの会社自体がご主人奥様の思いに引っ張られて呼び寄せられたような気がすごいしますね。
旦那様:本当に、家のこだわりがお互い強くて、今までいろんな会社とかを見てきてて自分たちがいいなってなったものを松本さんに最初見せたんかな?「こんな家ってできますか?」って、ほんなら「全然できますよ。一回それこそシミュレーションじゃないけど、やってみましょうか」っていうところから始まったんやな。「あ、できるんや」って、すごいなって思いました。



Q.ホームライフに決められたきっかけは何ですか?
旦那様:すべてですね。すべてが居心地がよかったですね。
奥様:うん。会社の雰囲気もすごくよくて、もうアットホームな感じで。自分たちの要望も「ちょっとこれは無理ですね」とか色々ちゃんと言ってくれはるし。
旦那様:そう。逆に本当に自分たちがこうしたいっていう、本当抽象的な、具体性のない漠然としたものを具現化していくんですよ、皆さん。ああなるほどね、そういうやり方があるんやねって思って。さすがプロやったな。
松本:でも設計の藤原さんと最初に話したときに、すごいいっぱい要望が。
奥様:言いましたね。
旦那様:めちゃくちゃ言わしてもらった。
松本:だからそれも知ってるし、その前の他社さんの見積もりのプランも知ってるし。だからどこをどう擦り合わしてっていう。でも蓋開けて完成してみて改めて思いますけど、やりたい放題全部できたよね。
奥様:もうほんまに。やりたい放題。
旦那様:ほんまに我儘ね、皆さん言ったほうがいいですよ。ほんま。それができるかできないかは別にして。でも、今回自分たちのやつではな、ぶわぁ~出したらな、ほんと。
松本:最初、携帯のメモを共有して、写真とね、やりたいこといっぱい書いてきてもらって。
奥様:そういう理想、こういう雰囲気です、みたいなね。
旦那様:大変やったと思う、松本さんが本当に。細かいもんほんま。本当に皆さんよう付き合ってくれたなって思いますね。
松本:雨でしょ?今日。あそこの玄関いいよね。雨だけど玄関のとこに傘をおいて荷物持ってちゃんと入ったり出たりできるし。あ、やりたいことになってるわっていうのを本当に思います。
旦那様:車から降りたら、そのまま濡れずにひゅっていう。

Q.お家づくりの中で楽しかったことは何ですか?
旦那様:全部本当楽しかった。特に?僕はやっぱ、プライベートで大学生のときに図面書くのがすごい好きで、イメージでこういう家がいいなっていうのを仮想で作るのがすごい好きやったから、それを実際プロの設計士の方とやったことがなかったんで、藤原さんと図面を作るっていうのは本当自分の中で非常に思い出の時間にはなりましたね。
松本:奥様はどうですか?
奥様:私も、自分たちが口頭で、ここはこうでここはこうで、じゃあ次回図面出してきますねって、ばって見せられたときに本当に鳥肌立つくらいにめっちゃ嬉しくて、「わあ~すごい、自分たちが言った家がこんな形になるんやぁ」って、その瞬間が、もう本当に忘れられないですね。図面でも、自分たちが頭の中で描いていたことが本当に実現されていくんやなっていうのがすっごい嬉しかったよな。
旦那様:3Dになったときびっくりしたもんな。
奥様:子供たちもその図面を見て絵を描く。その図面通りに真似して絵描いて色塗ったりしてて、すっごい楽しみにしてたよな。
松本:僕もなんかジーンってくるなぁ。
奥様:それがこんないい家が建つっていうの、本当に幸せ。
旦那様:そう。だからもう出来上がるまでの過程もやっぱり全部が楽しみになる。それが今やもうね、完成されて実際それがこう…。
奥様:そこに住んでるっていう。
旦那様:住んでるっていうこの状況。一番最初にみんな本当この家ね、引き渡し終わって、まだ物はいろいろ点々と段ボールもあるんだけど幸せが止まらんくって。「幸せやなあ、ほんま幸せやなあ」言うて。もうお風呂入りながら「幸せやなあ、やばいなあ」言うて。
奥様:本当なんかなあ、ほんまにめっちゃもう幸せが止まらんかったやんな。
旦那様:大丈夫かな逆にっていうくらい。謙虚に生きなあかんなって思ってます、今ずっと。



Q.特にこだわっているポイントは何ですか?
旦那様:僕はあれしかない。もうずっとやりたかったことやから。ずっと反対されてましたけど、松本さんがやりましょう!言うてくれて、もうこれですね。ボルダリング。大人でもいけるんですよ。
奥様:このボルダリングも自分らでつけて、穴開けて、子供たちもね。初めは私もちょっとうーんどうやろうって思ったけど。つけてみて、全然めっちゃ雰囲気もおしゃれやしめっちゃいいやんと思って。
旦那様:そうやろ?
松本:子供さんらと一緒にやってる写真とかも送ってきてもらえたりして。奥様はどこをこだわられました?
奥様:私はなんやろう、もう全てやけど、どこやろう?ほぼほぼ主人で、私はそんなに。
旦那様:でも言ってたのは料理とかするときに皆を見渡せる風景がいいって言うてたんで、最初キッチンのレイアウトも逆やったんですよ。それやとダイニング側しか見えないよねっていう話で、レイアウトを変えたんです。特にね、ずっとここにいてるから。それに大きい窓も見えるし。
奥様:配置とかですね、はい。
旦那様:もう言い出したらキリがないかな。なんやったら2階のリビングっていうのがやっぱ一番いいポイント。
奥様:うんいい、めっちゃいいな。
旦那様:もちろんボルダリングもなんだけど。2階にリビングを持って行ったときに構造的にどうなるんだろうっていう。それも松本さんと一緒に考えながら「じゃあこっちの方ががいいよね、こうがいいよね」って。
奥様:うん。土間玄関も。
旦那様:いっぱいある。土間玄関もそうやし。
奥様:土間玄関もすごい良いし、子供が帰ってきても「ただいま~!」って言って下から声が聞こえて、リビングから覗いて「おかえり~!」って、こういうやりとりもできるのですごい良いなって思います。階段がスケルトンやから下も見えるし。そこもすごいいい。
旦那様:空間が繋がってるからいいなって思います。

Q,上棟はご覧になりましたか?
旦那様:あれはね、もうなすごかったよな、本当感動した。しかも結構な短期間でやるってなって、ばばばばばって作っていったから、もう子供たちも唖然というかこうずっと見てて。見に来とったもんな。朝に来てまた夕方に来てってな。もう感動しましたね。
奥様:家を建てる過程を本当に見たことがないので、ああこうやってこんな人数の人達で家をこういう風に建てていくんやって、すごい勉強させられたよな。改めて大工さんってすごいんやなって思いました。

(出来上がっていく過程もよく見に来られてたんですね)
旦那様:しょっちゅう来てましたね。
奥様:はい、しょっちゅう見に来てて、わあここがこうなってる!とかな。
旦那様:そう。「青色のブルーシートみたいなやつなくなったで!」「外観が出だしたで!」言うてな。
奥様:「ああここはトイレやなあ」とか「あ、ここはお風呂やなあ」とか。
旦那様:そうそうそう。
奥様:できていく過程が楽しみやったね。
旦那様:過程がもう楽しみで仕方なかった。
奥様:「ここ壁紙貼られてる」とか「こんな色すごい、この色やっぱりいい色やったなあ」とか。
旦那様:そう。なんやったら、新しい家から仮住まいで住んでたマンションがね、ちょっと離れてるんですけど、九階に住んどって、そこから見えよるんですよ。帰った後も、「おお、屋根見えるで」って言うて。帰ってからも追いかけるっていう。
奥様:そうそう。休みの日になったら子供たちも「新しいお家ちょっと見に行きたい」とか結構言ってた。そんで、自転車で散歩がてら前通って見て、ああこれこんなんなってるとか、みんなして本当に新しいお家ができるのを待ちわびてた感じなんで。見に行ける距離にお家もあったっていうのもすごいよかったですね。
旦那様:うん。



Q.実際にお住まいになられてからの感想、住み心地はいかがですか?
奥様:もうにやけてくる。ほんまにもう。
旦那様:にやけてくるな。笑みがこぼれるくらい。
奥様:ほんまに、すぐにお家に帰りたいっていうお家。
旦那様:もうほんまにね、仕事の作業効率めちゃくちゃよくなりました。パンパンパン終わらしていって、もうまじで。

Q.その他、困っているところ、気に入ってるところはありますか?
旦那様:困ってることはない、だって全部言ったもん。全部言ったし全部それを具体的にやってきたしなっていう。それが具現化されてこうやって形となってるんで、なんか自分たちが思ってたのと違うよねっていうことはまずない。逆に、確かにこここうしとけばよかったなっていうのは自分達が最初に設計をしてたときの段階でそのチョイスがなかったから。だから、それは後付けで自分たちのアイディアで出てきたので、設計とか時間を十分かけてもらったんですよ。十分かけてもらったんだけどやっぱり色々ああしたいこうしたいっていうのは出てくる、全部出したけどな。出したけどそれは別にあえて今言うことではないかなとは思うし。特にないよね、あるかな?
松本:まあ言い出したらキリないけど僕がすごい思うのはこの土地の大きさの中で、やりたいことがいっぱいのなかで厳選して選んだものを、抜群のところだけを選りすぐった感じ。
旦那様:そうそう。
松本:妥協するところってたまにあるんですよ。やっぱり大きさとか、例えば車2台とか。そういうところも、家のほう主体で車1台でいいやとか、よくよくお二人がわかってたので、僕はお付き合いしてて提案の取捨選択がすごいしやすかったんですよ。だからすごい要望がいっぱいあるんだけど、優先順位がすぐにわかった。だからそういうところではズレなく、本当に1番から10番までができたっていう。
旦那様:うん、本当そんな感じ。だから僕たちだけで作ったんじゃなくて一緒に作り上げていきましたね。
松本:あ!それで言ったら一番あそこじゃないの?玄関のニッチ。
旦那様:あれもニッチの形、パッと見、お家がアシンメトリーになってるんですよね。これなんなんだろうっていう感覚になるんですけど、実はこの家の外観のこの屋根の形なんですよ。それでニッチを普通に四角にして作るんじゃなくて、こういう家の形にあわせてやった方がすごい思い出になるよねって言うので一緒に作り上げてきましたね。
松本:結局あの形にしようってアイディアは?家の形にしようっていうのはお二人から出てきたんだっけ。ニッチはあそこに入れようねってなって。
旦那様:そうですね、ニッチは欲しいよねってなって。松本さんが家の形とかにしたらどう?みたいな感じちゃうかった?
松本:多分ね、家の形っていうところまでは僕は言ってたと思うんだけど。藤原さんとの話でまさかこの家の外観に合わせてるなんて思わんかったから。だから一緒になって考えたんだなって。
旦那様:ああそれね、設計の時に屋根の形状を藤原さんやんな?ロフトにすると屋根の形状ちょっとアシンメトリーのほうがかっこいいですよって言われて、いいですねってなって、じゃあ屋根をこうするんやったら下のニッチもこうしないとねっていう。そういうかたちで一緒にしました。



Q.お友達などにご紹介していただける会社でしょうか?
旦那様:全然いつでも。喜んでって感じっす。
奥様:素敵な、本当に。ぜひぜひおすすめしたいなあって。もうこの思いを他の人たちにも共有したいなってすごい思います。

Q.最後に一言
奥様:家を建てるまで難しいことやったり、楽しいことやったり、主人とちょっと喧嘩したりとかもあったけど、結果的にこんな本当に素敵なお家に家族四人で住めたこと、建てれたことが本当に嬉しく思って、本当に幸せがいっぱいです。これからもこのお家で素敵な思い出をたくさん作っていきたいなって思ってます。ありがとうございます。
旦那様:もう締めくくってますね。もう僕なんも言うことない。しゃべりだしたら長いんで短くしますけど、皆さん僕の中では松本さん正直もう家族なんですよ。家族の一員みたいな感じなんで、それくらい本当に距離が、親近感持って接してくれるし、逆に僕たちこの家を本当に満足した形で作れました。本当にこれからも松本さんも一緒にこの家をあったかく見守ってもらえたらなって思います。よろしくお願いします!
松本:よろしくお願いします!