お客様の声

めちゃくちゃ大変やったからこそ、今すごく楽しく住めているかなと思う

堺市 K様邸

Q, お家探しのきっかけは何ですか?
旦那様:友人が家を探すという話になって、僕より歳が1つ下で、「家買うって…そんなことある!?」って夢にも思ってなくて。めっちゃ知ってる知合いが家買うって、まず家を買うこと自体が夢みたいで、家って買えるんや!ってなって。「アーキホームライフさんに行ってくるわ」って言うから、じゃあ僕らも行ってみるかってなって、もちろん何軒かハウスメーカーさん見さしてもらったんですけど、一番良かったみたいな感じで、紹介からっていう形です。

(お家づくりを考えられる前にお困りだったことは?)
旦那様:ずっと賃貸に住んでて、前の家がめちゃくちゃうるさかった。とんでもなくうるさい家に住んでて、ボロボロやったし、結婚する前、同棲してたときに住んでた家もめちゃくちゃやったんで、っていうところもあって、快適に過ごしたいなって、ストレスとか感じずに快適に自分らの空間を作れたらいいなぁって。そしたら、友人が「家建てれるで!」ってなったから、じゃあ俺らも建てるかってなって、とにかく快適に過ごしたかった。


Q, 会社やサービスの印象はいかがでしたか?
奥様:岩本さん(営業)も設計を担当してくださった北村さんもすごく良い方で、割といろいろ予算とかけっこう無理なこと言ったんですけど、土地もいい土地を探して頂いて、お家もすごく私らの希望をめちゃくちゃ詰め込みまくって、叶えてもらった、それも予算内に組み込んで頂いてっていう、すごい感謝しています。すごくいいお家を建てていただいて。


Q, 土地探しはいかがでしたか? 
奥様:めちゃくちゃスムーズでした。
岩本(営業担当):私からいいですか?もともと大阪市内の賃貸に住んでらっしゃって、先ほどご主人様がおっしゃったように静かなところがいいと。ただ、お二人とも大阪市内に勤めてらっしゃるんですよね。あまり離れてもダメ、でも静かなところ、交通アクセスのいいところっていうので、大阪市内もいいかなっていうので、市内も一応紹介したんですけど、やっぱり周りもうるさかった。特にあえて注文住宅でどうかなって。
たまたま知り合いの紹介でここの土地を知ってたので、難波にも出やすくて、静かで、駅からもそんなに遠くない、買い物施設もあるっていうところで、ここしかないなぁっていうので、見に行きましょう!とお連れして、割と即決でしたね。
旦那様:勧めてもらった話自体も良かったし、角地やったし。
岩本:ここの分譲地のほぼ最後。お値段は頑張ってもらって、条件的にはもう良かったですね。「もうここにしましょ」というところで、そこがスタートですね。まだ緑も残ってますし、駅も歩いてもそんなに遠くないですもんね?
旦那様:まあまあですね。行けんことはないかなって。自転車やったら余裕ですね。
奥様:近くは無いけど、まあ、いい運動やなって。
岩本:まあ、あんまり近いと今度は電車の音がうるさいですしね。っていうところの土地探しからスタートでしたね。



Q, ホームライフに決められたきっかけは何ですか? 
旦那様:最初、僕ら行ったのが3軒なんです。アーキホームライフさん合わせて。1つ目はめちゃくちゃ大手のところで、まあ1回見に行ってみるかぁって感じで行ってみたら、そんなところに家建てれるん医者ぐらいしかおらんでってなって、「そうなんや、そういう世界か」って。それは無理やし、そう言われることによって対応良くないって思ったし、親身になってくれる人がいいなってそこで気付けて。2軒目行ったのは、そこは印象良かったんやけども、自分らのこだわりポイントとずれてるなぁって感じやって、アーキホームライフさん行ったら、たぶん一番最初にファーストコンタクト取ったのが岩本さんで、気さくな人やし、何でも言えそうやなって。とにかく接しやすいのが良かったというのと、要望こういうのがあるというとできると思いますととか、他の人の家建ててる上司とかもいるので、話聞いたら良いんちゃうと。で、決めようかと。もちろんモデルルーム、展示場の方も感じとかを見させてもらってオシャレやなぁと思って決めた感じですね。

(担当者を気に入っていただいて…という感じでしょうか?)
旦那様:そうですね。
岩本:身に余る光栄ですね。それとね、お友達も紹介していただきまして、しかも契約していただきました。ありがとうございます。


Q, お家づくりの中で楽しかったことは何ですか?
旦那様:僕ら夫婦が基本的に気が合わないので、意見が食い違うんですけどその刷り合わして行く過程、アーキホームライフさんがどうこうというより、夫婦で刷り合わしていく段階が大変やったな。
奥様:めっちゃ大変やった。
旦那様:めちゃくちゃ大変。
奥様:全てが真逆の方向性。
旦那様:感性が真逆なので、まあなんか逆にこれから建てられる方は真逆の感性を持っててもいけるよな。
奥様:うん、いけるな。
旦那様:ってのは、プラスにとらえると言えるとこなのかなあと。それの仲介を基本岩本さんとか設計の北村さんとかに取り持ってもらいながら「まあまあ」って言ってもらって完成していったって感じなんですけど。でもその理想が図面でこうできていく、妻には妻の理想形態があったし、僕には僕の理想の形があったから、それを図面に起こされていく過程っていうのは楽しかったというか、あぁ現実になるんやっていうそういうのは感じる事ができたしなんかこう、間に設計士さんとか岩本さんとかが入ってもらうことによって不仲を中和してもらいながらできたっていうのが良かった事やな。
奥様:うんうん。
岩本:まあね、やっぱりその夫婦といえどもね、家づくりっていう大きな作業の中でやっぱりどうしても意見が合わない事って出てくると思うんですよ。基本的に家を建てようという人で夫婦仲が悪い人って居ないんですよ。夫婦仲悪いのに家建てよって人居ないのでそこはお二方のお話を色々聞いて私なり、設計担当が仲を取り持つと言ったらアレですけどご主人さんの意見も尊重して、奥様の意見も尊重して、じゃあこれ中和してこんな感じでどうですかと、この方向でどうですかというのが我々の仕事なので。でもまあ結構色々楽しかったですけどね。
奥様:そうですね。
旦那様:振り返って見れば。
奥様:振り返って見れば。
岩本:その時は結構色々迷いましたけどね。「ああでもないこうでもない」と。
旦那様:本気になってたな、結構熱くなってましたね。
岩本:でもそれがあるから今があると思うので…まあ懐かしいですね。



Q,お家づくりでこだわられた部分は何ですか?
旦那様:夫婦で共通していることとしては、ペットを飼っていまして、うちには猫とうさぎがいるんですけど。そう、猫たちが快適に暮らせるというか、猫と一緒に暮らす家みたいなのが一応テーマになっていて、映像でも撮っていただいてると思うんですけど、キャットウォークがあったりとか、猫専用のトイレと人間用のトイレを同じ空間上につくることによって処理が簡単になるとかそういうこだわりのポイントは、猫とかに関してはかなりあったなという感じですね。なので本人達は喋らないですけどまあ走り回ってるしな?
奥様:うん。
旦那様:毎日ストレス無しに暮らせてるんじゃないかなあと思ってるし、僕らもストレス無く暮らせてる感じやからな
奥様:私がこだわらせて頂けたのはキッチンと洗面所だけで…
岩本:洗面台可愛いですもんね。
奥様:めちゃくちゃ可愛いんですよ。
岩本:洗面台も可愛らしいし、ご主人様、あそこあるじゃないですか
旦那様:ああ!スニーカー!僕ごっつい好きなんで。
岩本:あんだけ持ってるの知らなかったんで。すごいですね。
旦那様:そうですね、靴好きなんでそれを置くスペースは絶対作りたかったっていう感じで作ってもらって、まああの空間はお気に入りですね。できあがってからもなんか、「できたな」みたいな。
岩本:ご主人さん外観結構こだわっていらっしゃいましたもんね。シンプルイズベストみたいな。
旦那様:忘れもしない
奥様:外観が一番大変やったもんな
岩本:最初外観でしたやん!外観もうゴテゴテするんじゃなくてシンプルイズベストって逆に窓無くてもいいって
旦那様:そうですね、窓無くても良い。とにかく見栄えが良ければなんでもいいみたいな感じ。
岩本:ちょうどここが角地なので正面から見ると小畑さんのとこ窓無いんですよ。無いんですけども、角地なのでもう建築基準法で採光というのがあるんですけど、ある程度光を入れないといけないんですけど、こちらから(向かって右側の掃き出し窓を指して)採れたんです。だからこの立地も良かったですね。
旦那様:立地良かったですね。それと自分の好みが合わさってできることが増えたという その土地を見つけた事によって。なので、外観のこだわりもかなり強くて、あの~ルーバー?
岩本:こういう格子になってる、格子にしようかどうしようかって言って、金額もボーン!って上がってどうしようかっていうときに北村さん(設計)が提案してくれたんですよね。ウッド調のパネルを。
旦那様:そうですね、とにかく木にしてほしい、木にできないのか?ちょっと厳しいですねぇとかいいながら色々探してたんですけど、結果普通の木というか、木材でできることになって、ありがとうございます。みたいな
奥様:どうしても本物の木が良かってんな
旦那様:鉄に木のプリントしたやつは嫌で
岩本:準防火地域なんですけど、準防火に対応してるウッドなんですね。
旦那様:そういうのを選んだりしてくれた提案があったのがすごい良かったですね。はい。



Q,出来上がっていく過程はいかがでしたか?担当者から連絡があって把握されていましたか?
旦那様:連絡してくださったり、画像を送ってもらったり。実際、基礎が出来上がったくらいに一回来さしてもらって、その時は2階とかもう骨組みが出来てて、あぁ、出来るんやまじで、って感じで、当たり前なんですけど。現場の職人さんとかその場にいてはって、若い方やったんですけど、しっかりやってくださってるんやなぁってのを見さしてもらって、監督さんも結構ちゃんと説明してくれて、納得いくような形で説明してくれたので良かったですね。
岩本:絶対電気立ち合いはやってますもんね。コンセントここでいいですか、って。
旦那様:そうですね、それもあります。毎回報告とかもあったんで、なおさら心配なかったって感じです。


Q,実際にお住まいになられた感想・住み心地はいかがですか?
旦那様:とんでもなく最高やな!良過ぎ!
岩本:ありがたい誉め言葉ですね。
旦那様:想像よりも住みやすいというか、機能面より見栄えをとにかく重視したので、機能面どうなんかなっていうのがあったんですけど、住みやすいし、当初考えていたストレスない生活とか超えてプラスの面がやっぱりあるっていうか・・・どう?
奥様:ほんまに住みやすいですね。めちゃくちゃ静か。高速道路も線路も近いんですけど、全然音も聞こえへんし・・・
旦那様:静かやし、気密性の話を一番最初に来た時に岩本さんからしてもらったんですよね。その頃は、気密性がええからなんやねんって思ってて。ちょい温いくらいの話やろ?と。音が全然うるさくないし、温いし・・・
岩本:実はこれ、オール樹脂サッシなんですよ。もちろん高気密・高断熱ですけど、副産物として音が静かなんですよね。
旦那様:密閉されてるから。
岩本:結構車走ってるの見えますもんね。
旦那様:でも、無音やもんな。電車も通るけど無音やし。一回やってみてんな。どれくらい外に音が漏れてるかみたいな。死ぬほど叫んでみて、嫁に外で聞いといてもらって。爆音で音楽流して、スピーカーで流して。「全然聞こえへんで!大丈夫やで!って。
岩本:ということは、逆に家の中の音も向こうに漏れてないし、ギターも思いっきり弾けると。
旦那様:ほんまに良いとこしかないです。
岩本:これ今エアコン1台だけですか?
奥様:そうなんです。エアコンのみです。
岩本:あったかいですね。めっちゃあったかいと思います。入ってきたときすっごいあったかいと思って。大空間で吹き抜けもあるでしょ?
奥様:そうなんですよ。吹き抜けがあることによって、寒いかなと思ったけど、想像よりは全然寒くない。
岩本:昔よくね、最近の方でも、吹き抜け取ったら循環しないで逃げちゃうん違いますかって言われますけど、最近の、特にうち(アーキホームライフ)の家なんかもそうですけど、建物の要は外側、きちっと断熱してるんで、あまり上下気にされなくてもいいかなと思いますけどね。
旦那様:それは思いました。作ってみてやっぱ寒いんじゃないかとか、いろんな意見が、僕らもYouTubeで調べてどうしようかって。どうしても吹き抜け作りたかったし。
岩本:すっごい開放感ですもんね。こだわりが詰め込まれてますもんね。なんせネコちゃん大好きですもんね。ネコちゃんが歩いてるキャットウォーク、すごいですね。うちもネコ飼ってるんでようわかるんですよ、その気持ちがね。



Q,その他お気づきの点はありますか?(困っている・気に入っている)
奥様:大いに困っていることがありまして、それは私らが悪いんですけど。私、設計段階でたぶん説明していただいていたと思うんですけど、全然頭に入ってなくて、ベランダに屋根付いてると思ってたんですよ。まぁ、ルーバーあるから、ここ、横側だけが開いてると思ってたんですよ。もうベランダっていうか、閉ざされた空間で、片っぽだけ開いてると思ってたんですよ、私は。空が見えないと思ってたんですよ。まぁ、主人は屋根がないってわかってたらしいけど、私は建てていただいてるときに見に来て、あれ?屋根ないってなって、主人に「屋根ないねんけど」って言ったら、「え、屋根ないやろ」って言われて、えっ屋根ないの?って。洗濯物濡れるくない?ってなって。主人は屋根ないやろって言うし、私は後で付けるんちゃうん?って言ってたら結局付かなかったっていう。(笑)設計段階で理解できてなかった私が悪いんですけど。
旦那様:ちゃんと説明されてましたよ。もちろんされてました。僕はその認識でしたし、聞いてましたから、設計段階の人がどうこうじゃなくて、嫁が聞いてなかっただけ。
奥様:それがちょっと困ったかな〜くらいかな。私は屋根があると思ってたので、浴室乾燥を付けなかったんですよ。だから屋根がないんだったら付ければよかったなぁとか思うな。でも、部屋の中で干せへんこともないし。
旦那様:そう!天井から出てくる室内干しのやつ付けてもらってるし、できないことはないし、ベランダ(屋根)ないことによって洗濯物の件ではそうやけど、開放感あるし、僕は気に入ってます。光めっちゃ入ってくるし・・・っていう感じですね。気に入っているところは結構多いんですけど、僕らこのリビングの空間にいることがほとんどなので、吹き抜けかな。それと壁紙。天井のクロス!これまじで木やと思って。本物やんって思うレベル。
奥様:本当に木貼ってるみたいに見えるので、これめちゃくちゃ気に入ってる!!
岩本:天井高いから開放感ありますよね。階段上っていったところの手摺りとかもお洒落ですよね。これがまた壁やったら閉塞感がありますもんね。
旦那様:そうですね。そこからまた下見た感じも良いし、外の景色見えるし。
岩本:あそこのギター飾ってるところ(2Fホールのカウンター)はご主人様のスペースですか?
旦那様:そうですね。パソコンやったりとか。なので、そこも気に入ってますね。
奥様:あとは、ネコのトイレの掃除がしやすい。
岩本:それよく考えはりましたよね。だって、ここ(LDK側の階段下)から行けるじゃないですか。で、お二人のトイレに向こう(玄関ホール)から行けるじゃないですか。で、トイレとネコちゃんのトイレが同じ空間にあるってことですよね。
奥様:(トイレの)中に一枚扉があって。
旦那様:出したらそのまま(掃除できる)。
岩本:めちゃめちゃ考えはりましたよね。
旦那様:なんかね考えたというか、どっかで見たというか。多分なんかで見てこうしたいなぁって言ったのが、そのまま再現して形にしていただいた感じです。
岩本:あれ便利やなぁ。ホームライフ、ネコちゃんとか飼ってるお客様も多いので、一つ提案の引き出しとしてね、こんなんどうですか?って。
奥様:臭いも全くしない。
旦那様:それがまじで最高。
奥様:今までは、部屋の隅とかに置いてたんで、やっぱりちょっと臭いしてたんですけど、今はもう全くしいひんな。
旦那様:別空間になって、穴がちょろっと空いてるだけやから、臭いもまじでしいひん。
岩本:それは良いですね。
旦那様:最高です。
岩本:ネコちゃんのトイレはシートですか?シートじゃないですか?
旦那様:それは、猫砂ですね。その砂がトイレにそのまま流せる砂なんで。
岩本:それ良いですよね。



Q,ご友人や知人に紹介できる会社でしょうか?
旦那様:もう紹介したので、あともう何人かどこで建てたん?ってやっぱり聞かれるんで、アーキホームライフさんっていうところで建てたんやでって言って、気になるんやったら見に行ってみたらとか言うたりはしてますね。プランも立ててる方もおられるんで。
岩本:是非是非、広報活動お願いいたします。
旦那様:良いなと思ったからそのまま伝えてるという感じです。


Q,最後に一言
旦那様:親身になって話を聞いてくれたり、汲み取ることができたりとか、そういうことが非常に得意な会社さんなんかなぁっていうのがまず第一やし、信用できる人にお願いできなかったらずっと不安やろうし、そのファーストインプレッションはすごく良かったので、そこがまず第一段階。たまたま岩本さんネコ飼ってたっていうのが、僕らの中で大きいし。
岩本:ネコ大好き!
奥様:現場監督さんもな。
旦那様:現場監督さんもネコ飼ってる人やって、その人らの私生活がそのまま仕事に生きとるのが、僕らにとっては非常に良かったし、そういうのも仕事を超えてじゃないですけど、私もそうなんですって言ってもらえたりっていうのが、親身になってもらえたっていうのが一番良かったなと。これから建てる人も安心していいと思います。
奥様:すごくお家を建てるってめちゃくちゃ思ったより大変やったんですけど、その注文住宅で建てるって。でも、大変やったからこそ、今すごく楽しく住めているかなと思うので、さっき言ったみたいに夫婦間でのすり合わせが、まあやっぱり一番大変やったけど、でも基本的にうちは主人の希望を8割くらい汲んだと私は思ってるんですけど、それでもまあ良かったなぁと今私は思えるので、良かったなと。本当は私は三角屋根のレンガ調のお家が良かったんですけど、めちゃくちゃシンプルモダンな家に落ち着いたので。
旦那様:それはそれで良かったやろ。
奥様:うん。可愛らしいシルバニアファミリーみたいな家がよかった。
旦那様:言ってたもんなぁ。まあまあ、次また建てたらそれにしよか。
奥様:そやね、頑張って。
旦那様:次またアーキホームライフさんで建ててもらって、2軒目。
岩本:その時はシルバニアファミリーで。
奥様:そうですね。頑張って今から働こう(笑)