ホームライフの家

一流の品質・たしかな現場

建築中の現場も包み隠さず公開

ホームライフではお客様に建築中の現場も包み隠さずご覧いただいております。
私たちはお施主様がこれからずっと長い間住まわれていく大切な家を安心しておまかせいただける様、
建設中の現場も公開させていただいております。
家づくりをご検討されたなら、まずは現場からご覧ください。

しっかりとした構造計算で
国が定める最高基準の家

一流の品質とは

現場

玄関
室内
安全性

一流の現場

玄関

整然としている玄関内部

室内

整理された室内

安全性

安全性が保たれる現場

二流の現場

玄関

雑然としている玄関内部

室内

足の踏み場もない室内

安全性

安全性が保たれてない現場

マナー研修

安心

数々の地震の恐ろしさを、我々はテレビなどで目にしたり 阪神淡路大震災を経験した方もいると思います。 地震はとても恐ろしいものです。
そして、この30年の間にも南海トラフ大地震 (マクニチュード8~9程度)が起こる確率が70%と政府も発表しています。 これを踏まえて建築会社はどんな家を建てなければいけないのでしょうか。

正確な構造計算を全棟実施

建築基準法で義務付けられている耐震性能は、震度7度程度の地震でも倒壊しない 「最低の基準」です。
しかし、東海トラフ地震では震度7を超える地震の可能性もあります。 ですから、法律で定めている、「簡易な構造チェック」では安全性は確かめられません。 だから、ホームライフは正確な構造計算を全棟実施します。

木造が弱いは誤解です

「木造と軽量鉄骨だとどちらが弱い?」と聞かれたら、きっと「木造が弱い」と答える方が 多いのではないでしょうか。
しかし、それは大きな誤解です。木造でも構造計算をし、耐震等級Ⅲ(国が定める最高基準) をクリアすれば一般には軽量鉄骨や公共の建物と同等の耐震性能を確保することが可能です。

「安心」も一緒に皆様にご提供

高気密・高断熱の高性能は今の建築業界ではあたりまえになりつつあります。
ホームライフでは高性能はもちろん、構造計算を行い国が定める最高基準の家を 「安心」と共にご提供できます。
※プラン等のご希望により耐震等級が下がる場合がございます。

国際規格(ISO19011)指針に沿った
現場施工品質監査システム

国際規格(ISO19011)指針に沿った
現場施工品質監査システムを導入しています。

業界初となる監査基準書(標準施工手引書)を連動させた現場施工品質監査アプリケーションシステム「GenKan-NS®」で
住宅品質の安定供給をお届けしております。

住宅品質に大きな価値、
大きな安心を約束する「GenKan-NS®」

品質管理の3大要素

今の日本の住宅産業は、地域の工務店様、ビルダー会社様の個々の裁量で建築が行われているのが現状です。それでは、お施主様に「わが社の家づくり」の品質を裏付けした形でアピールする事が出来ないのではないでしょうか?

GenKan-NS®は、施工品質を担保する「監査基準書」に沿って、各社専用の監査アプリケーションを連動させ、現場が基準通りに施工されているかどうかのチェックを国家資格(建築士)を有した現場監査士が監査します。

監査時の写真はクラウドサーバーで管理・保管し、住宅完成時には「現場監査記録書」としてお施主様にお渡しすることができます。

基礎部分から建物完成まで、10回に及ぶチェック体制
お施主様に安心と安全を提供しています。

10回の監査工程に沿ってしっかりと監査し、コメントと現場写真を掲載しながら監査記録をクラウド上に保存します。
建築途中の施工状況などもリアルタイムにご確認いただけます。

※クロス・ソーラークロスは検査の回数が上記の対象外となります。