スタッフブログ

西宮店ブログ

2021/06/21

照明計画について

こんにちは。西宮北口店設計の田中です。

本日は照明について軽くお話させて頂きます。

基本的な照明計画に関しては専門のメーカーに依頼させて頂いた上で照度等を計算しているのですが、私自身興味がありましたのでメーカーから伺ったお話をしたいと思います。

照明器具に記載のあるルーメン数で基本的な部屋の明るさを検討しています。

ただ、部屋によっては最低必要なルーメン数というので決まってまして、それを下回ると少し暗くなってしまいます。でもルーメン数を超えてても単純に明るいとは言い切れません。

と、いいますのもブラケットライトやペンダントライト等を用いた際に、必要なルーメン数を確保できていても実際には薄暗くなってしまうカ所が出てくる場合があります。(※雰囲気を演出の為であれば別です)

西宮北口店展示場

例えば、ペンダントライト。傘がついていて非常に可愛らしく、よく使われていますがそのペンダントライトを多用してしまうと、ペンダントライトの上の部分。つまり天井が薄暗くなってしまいます。

ですのでペンダントライトを検討の際は他の照明器具でしっかりと補えているか確認が必要です。

平面上からでは読み取れない事がたくさんあるからしっかりとお客様と2D上ではなく3D上で話をしないとどこかでミスしてしまうと現場の監督から教わっております。

まさに照明計画もその一つだと思います。

平面プラン上では十分に行けると思っていても十分に出来ていない事がある。。。

そんな失態の無いよう、私自身メーカーからのプランに信用仕切らず、3Dで検討した際には具体的にはどこの明るさが足りなくなるかを十分に検討し、お客様とお打合せをさせて頂いております。

ホームライフでお家を検討中の皆様。

西宮北口店の仕様のお打合せを主に担当しておりますのでホームライフで建てる際には是非ご質問ください。

また、続きは次回にでも。。。