スタッフブログ

加東店ブログ

2019/12/03

屋根ってどんな材料が良いの??

はじめまして!

加東店に転勤で参りました審(あきら)と申します。

加東店ブログは初投稿でございます!

 

わくわくするようなおうちづくり、おうち探しをモットーに

がんばりますのでよろしくお願いいたします!

 

 

 

今日は家の中でも大切な部位になります屋根の材料、

「瓦」について書いていきます。

 

粘土系の屋根材と言われてまして、

釉薬と無薬に分かれますが、そこは置いておいて

イメージとしては和瓦や洋瓦ですかね?

 

 

 

↑こんな感じです。

お城やおしゃれなカフェに使われてることが多いです。

 

メリットは

・燃えない

・1枚単位で交換できる

・断熱・遮音性高い

・洋瓦は特にデザイン性高め

・耐久性がある(50~100年くらい)

・混ぜ葺き(特に洋瓦)をして色んな色の瓦を使える

などが挙げられます。

 

逆にデメリットは

・重たいので地震に弱い

・施工方法によっては瓦がずれる

・他の屋根材よりコスト高い

・瓦屋さんの減少により施工できる人が減ってる・・・

・家も重たくなる

 

ずれたり割れたりしなければ何十年も持つ材料なので今でもよく使われる材料です。

洋瓦はホームライフでも頻繁に使用されています。

 

 

 

こういった形で洋瓦でもカラーバリエーションがたくさんあります。

 

瓦は昔から使われている材料で今でも使用されているだけの理由があります。

最近はスレート(コロニアル、カラーベスト)やガルバリウム鋼板を使ったおうちが増えています。

 

みんなと一味違ったおうちを建てたいな~

という方やメンテナンス重視の方はぜひご検討してみてください。

 

 

他の屋根材については改めて書きたいと思います。

以上、審でした。