ユニテ ハウス | 商品&プラン紹介

ユニテハウス-プラン例&価格

1de755a0d7c9eafd2eba4b57be2f6d45

ae9c0bb881db97205a3de09d0f7ebf931

1ab1ebad7c9bb21177a2321b77bdc368

新しい家、これからの家

ユニテハウスの誕生

ユニテハウスはコルビュジエの「新しい家」に対する思想(ドミノシステム)をリスペクトし、
その思想を取り入れ誕生した住宅です。
彼の最高傑作の集合住宅「ユニテ・ダビタシオン」のように世代を越え、
永く多くの人に愛されるような住宅でありたいという想いから、ネーミングもそれに由来しています。

concept1Box_graph
  • コルビュジエより受け継がれたもの

    ユニテハウスが彼の思想から取り入れたものは数多くありますが、大きくは次の2つです。

  • ➊コルビュジエの「住宅は住むための機械である」という言葉から、合理的で無駄のないデザイン、即ち住宅は快適で便利な生活を送るための“機能の入れ物”という考え方。
  • ➋建物を構造躯体と内装に分離したドミノシステムから、ライフスタイルの変化に対応できるS&I(スケルトン&インフィル)の設計思想。
  • 日本の住宅に必要なもの

    地震大国日本では「安心・安全」が住宅に求められ、先の震災によりますますそのニーズが高まっています。ユニテハウスでは2つのアプローチにより「安全性」をさらに高めています。

  • ➌「形状」/シンプルな箱型形状にすることで、自身のような大きな力や揺れが建物全体へ均等に伝わり、局部的な崩壊を防ぐことができます。
  • ➍「後方」/堅牢性に富んだモノコックツーバイフォー(2×4)工法の採用により、強度をより高めています。

これからの住み継がれる家

2009年「長期有料住宅の普及の促進に関する法律」が施工されました。この法律の大きな目的は、住宅解体に伴う廃棄物の排出抑制により、環境負荷を低減することと、住宅を永く保持し国民の住宅への負担を低減させることです。従来の住宅のライフサイクルが30~35年だとすると、35年の住宅ローンの返済が終わるころには寿命となり、壊してまた新築する。そしてまた次のローンが始まるという繰り返しになってしまいます。
ユニテハウスは「家を残す」けれど「住宅ローンを残さない」ことを次の2つで実現しています。

  • ➎誰にでも手の届く価格(イニシャルコスト)であること。次世代に残すための家が高くて買えないのでは意味がありません。
  • ➏お手入れが簡単で経済的(ランニングコスト)であること。メンテナンス費用がかさみ、建て替えた方が安くなるのでは本末転倒です。

調和を目指す

世界で最も美しい町と言われている「チェスキー・クルムロフ」は赤褐色の屋根が町全体を覆っています。ギリシャの「サントリーニ島」は白と青のコントラストが美しい街です。どちらも調和による美しい街並みを形成し、世界中の人々を魅了しています。
コルビュジエの言葉の中に「美でなく調和を目指す」というものがあります。街並みはたくさんの家が連続することで成り立っていますが、身勝手なデザインは全体の調和を乱してしまいます。単体の美だけではなく、全体の調和が重要だとユニテハウスは考えます。

  • どの景観とも調和を図れる豊富なバリエーション