住宅ローンが心配な 自営業の方へ

自営業の方へ
フリーランスや自営業者の住宅ローン審査はかなり厳しいのはご存知の通り。返済能力があれば審査に通らないわけではありませんが、狭き門であることには変わりありません。ご自身や夫が個人事業主で、いざ住宅購入を検討する段階になった時に、住宅ローンの審査に通るのかどうか心配になる方も多いはずです。
そんな中、自営業者でも比較的審査に通りやすいと言われるのが【フラット35】という住宅金融支援機構が出している住宅ローンです。銀行で融資を受けるのが難しくても、フラット35であれば審査が通ったという声も多く、自営業だからと言って、住宅ローンを諦める必要はありません。
今回は、フリーランスや自営業者の強い味方、【フラット35】についてご紹介します。



自営業の方へ
民間ローンでは融資が難しい案件でも、【フラット35】ならご融資が受けられる場合があります。
ホームライフでは、自営業のお客様をはじめ、さまざまな条件のお客様が夢を実現しています。
あれこれ悩むよりは、まず専門家に相談してみませんか?当社では専門の資格を持つ「住宅ローンアドバイザー」がご相談を承りますので、ぜひお気軽にご相談ください!(もちろん、相談は無料です!)
就職間もない
【フラット35】では、勤続年数の最低期間を定めていません。安定した収入があると判断できれば融資が受けられます。
育児休暇中
申し込み時に育児休暇・産休・介護休暇を取得している場合であっても、資金のお受け取り時までに復職されれば、復職前の収入を対象とすることが出来ます。
派遣社員
継続性があると判断できれば、申込者・収入合算者とも、全額を収入として見ることが出来ます。
自営業
自営業の方もお申し込みいただけます。また、専従者が奥様やお子様で、連帯債務者となられる場合は、専従者の給与所得全額を合算することも出来ますのでご検討ください。
年金受給者
永続的な年金であれば、収入とみなすことが出来ます。公的収入証明書(非課税の場合は年金証明書等)で、年金収入額を合算します。
生命保険
団体信用生命保険に加入できない方でも、フラット35をご利用いただくことは可能です。
※上記の場合であっても、審査の結果によってはご希望に沿いかねる場合もありますのでご留意ください。
jieigyo-09.fw_