新着情報

共通

2020.10.01

「2020年度グッドデザイン賞」関西で戸建住宅 W受賞

グッドデザイン2020受賞

アーキホームライフが2020年度グッドデザイン賞を受賞しました。
「夫婦のシェアハウス」と「Aセグメントハウス」において
関西で戸建住宅 W受賞



夫婦のシェアハウス
受賞タイトル:「夫婦のシェアハウス」
「夫婦のシェアハウス」は地域における建築物の調和と快適性を追求しながら、
子供が巣立った後の夫婦の生活シーンにおいて夫婦であっても
お互いの空間・趣味を尊重し大切にする「シェア」を設計デザインに取り入れた建築です。

グッドデザイン賞審査委員による評価コメント
まず「夫婦のシェアハウス」というタイトルが良かった。
夫婦であってもそれぞれのプライバシーを守れる専有の場所を持ちつつ、共有の空間も持つという発想は、共感できる。子育ても終わった熟年の夫婦には、汎用性のあるアイデアであると思う。共有の空間である玄関ホールがライブラリーの様な場になっていたり、吹き抜けを通して光が入るなど、細やかな工夫がなされている点も評価できる。




Aセグメントハウス
受賞タイトル:「Aセグメントハウス」
「Aセグメントハウス」は「本当に大きな家は必要?」をコンセプトに
サブスクリプションや購入した物をすぐに手放すメルカリ・ミニマリスト・減築など
価値観が大きく変わっている世の中で、小さくて、高性能で家に縛られない価値と価格を
コンセプトに設計した事が、高く評価されました。

グッドデザイン賞審査委員による評価コメント
自動車にあって今や当たり前になった「セグメント」の概念が、これまで住宅では意識的に用いられてこなかったのは、「仕様は固定できても規模は固定できない」からである。
しかしながら世帯の人数は減り、例えば新たに供給される建売住宅の規模は、どれも似たものになっている。このことを逆手に取り、規模・仕様を固定して戦略的な低価格に打って出たのがこの商品である。ローコストのベースモデルをカスタマイズするとそこそこの価格になってしまうタイプの商品とは異なり、固定されたプランや仕様を住みこなせる人だけに届けばよいという割り切ったデザインが清々しさを感じさせる。



当社では今回のW受賞を契機に新商品として発表すると共に、建築を通して現代社会の背景をと人の役に立つデザインの活用を
積極的に推進し、地域と住まい手においてより良い建築の向上に務め提供してまいります




夫婦のシェアハウス
夫婦のシェアハウス

Aセグメントハウス
Aセグメントハウス