環境整備

「気になったところをきれいにする」「広い範囲をやる」のが普通の掃除ですが、
環境整備は仕事のやり方を学び、やらないことを決める(戦略、整理)。
そして、気付く人を育て、円滑なコミュニケーションの環境に整えていきます。
1
2

3

環境を整える

整理とは、いる物といらない物を明確にし、いらない物を捨てることです。


業務を見える化する

整頓とは、必要な物を必要な時に、すぐ使える状態に保つことです。これにより、業務の見える化、効率化が実現できます。
使用頻度に応じて整頓し、3定【定品・定位置・定量】管理を徹底する。水平・平行・垂直・直角で物の向きを揃える。


改善を繰り返す

他社の良い所は真似して、日々改善を繰り返します。常に改善する意識を持たせることで、「気付きの力」を養います。


習慣化する

全従業員が決められた時間に今日はここだけという部分を徹底的に磨きこむこと。毎日欠かさず実施する習慣が規律を保ちます。